引きこもりやニートになる原因は幼少時の歪な親子関係によって形成された「他人や世間はすべて敵」という心理

最近立て続けに起こった「引きこもり事件」に触発されて記事を数本書いたが、自分自身があっち側の人間だからついつい引きこもり寄りの意見ばかり書いてきた。 

正直、自分でも偏った文章だなあと思う。

読み方によったら「引きニートのために普通の人は犠牲になっても仕方がない」みたいにも受け取れる。

ちょっとだけ反省したよ・・・。

 

elite7.hatenablog.com

elite7.hatenablog.com

 

ようやく気持ちも冷静になって来たんで、締め括りにラストの1本を書く。

今回はなるべく(自分の中に少しだけ残ってる)マトモな判断基準に照らし合わせた記事にしたい。

結論から言うと、引きこもりやニートは危ない存在だから近づくな、だ。(もちろん私自身も含めてのことな)

 

引きこもりやニートの特徴

 そもそもだけど引きこもりやニートってどういう人間なのかキチンと認識してますか?

可哀相だとか助けてあげたいとか社会の犠牲者だとか、そういうことは一旦脇に置いて考えて欲しい。

豆オピニオン

そういう意見を人前で語る人はイイ人ぶってる偽善者であることが多い。

特にTVなどで「自分も過去に引きこもりだったから彼らの気持ちが分かるんですよ」などと神妙な顔つきでやってるのは、全部人気(とギャラ)稼ぎのための方便だ。

 

引きこもりやニートは社会性がメッチャ欠落してる。

ちょっと常識がないレベルではなくて、メチャクチャ欠けてるんだ。

責任感や忍耐力はゼロで、心の奥底にはドス黒い憎悪が渦巻いている。

 常に不平不満を口にしており、些細なことでキレる。

好んで言う口癖は「ウゼー、ムカつく、メンドクセー」の3つ。

しかもキレる相手には、ちゃんと自分より弱い者を選ぶだけの狡賢さだきゃあ持ちあわしてるんだからチャッカリしてやがる。

 

これまでの事件、みんなそうでしょう?

被害者は女・子供にお年寄り。

しかもそういった丸腰の弱者に刃物で向かっていくんだから、どんだけだよ?

刺す時だって不意を突いて後ろからやるんだよ、絶対。

 

ボウガン(弓矢)や空気銃でイヌやネコを撃つバカがたまにニュースになるでしょ?

ああいう射的系の道具を使って離れたところから的を撃つっていうのが、引きこもりの本性なのさ。

自分は安全地帯の中に居て、そこから攻撃をする。卑怯にして残虐、そして一片の情もない人非人。

引きこもりやニートってのは、そういう奴らなんですよ?

それでも可哀相だとか助けてあげたいって思うんですか?

私は思わない。  

f:id:elite7:20181005000249j:plain

引きこもりの心理|他人や世間はすべて敵 

普通の人にとって「世間」てのは自分の居場所でしょ? 自分の側って感覚。でも引きこもりやニートにとって世間てのは対立概念なんだよ。一種のエトランゼ。だから怖いわけ。

生まれた当初の人間は、親との関わりがすべてで「世間=親」みたくなってる。

大きくなるにつれて徐々に親以外の人間とも関わるようになって世間の幅が広がるんだけど、核になってる部分はやはり子供の頃の親子関係なんでね。

その親が自分にとって敵だったら世間も敵だって感覚が身に付いてるから、どうしたって構えちゃうんだ。

怒られたり、叩かれたり、イヤミ言われたりetc・・・いつ攻撃されるか分からないから常に緊張して周囲を疑ったり警戒して生きる様になる。

他人から誉められても「ウソつけ、どうせお世辞だろ」って考えたり、異性に言い寄られても「コイツ、何か下心があるんじゃねえか」みたいな。

こういった被害者意識が高じると「やられる前にやってやる」となるからタチが悪い。

こんな捻くれた性格じゃ友達や恋人なんかできやしないし、それどころか逆に周囲から嫌われたって文句は言えんよ。

親からまともな愛情をかけられずに育った子供が、大きくなってから他人との関係を上手くやって行けないのはここらが原因だよな。

学校で虐められてる生徒の家庭が、そろいもそろって親子関係が上手く行ってないのもうなづけるよ。

哀れな現実

塾講師のバイトをしてた時に、ここら辺のことは嫌ってほど目にして来た。また、生徒たちの家庭環境を通して自分の育った家庭が機能不全家族だという事にも気づかされた。

幸い教え子の中から犯罪者は出てないが、先生と呼ばれていた私自身が1番そうなる可能性が高いのだから笑えない。

 

引きこもりやニートの末路は生活保護かホームレスか犯罪者 

  • 生活保護・・・38%
  • ホームレス・・・32%
  • 犯罪者(反社的な人間)・・・26%
  • 自殺・親に殺される・・・4%

 おそらくだけど私は将来ホームレスにでもなりそうな予感がしてる。

というのも、引きこもりやニートの末路は大体が決まっていて、生活保護かホームレスか犯罪者だ。

ここら辺の分かれ道は本人の性格や心の闇の深さによって違って来るが、ザックリで言うと心の闇が深ければ犯罪者にもなるだろうが、それはマイナーだろう。

引きこもりやニートのほとんどは生活保護orホームレスになると思う。

自殺ってのは意外と少ないんじゃないかな。そんな勇気って我々にはないよ。例外的に心の闇が深いタイプがヤケになってやらかすぐらいだ。

あ、後は今回の元事務次官事件みたく親に殺されるパターンもあるね。

取り留めないことを考えながら書いてたら、カーテンの隙間から朝陽がさしてら。もう朝になってる。

引きこもりやニートに関しては他にもいろいろ言いたい事があるんで機会を見つけてまた言及するよ。

今日のところはここまで。

疲れたから寝るわ。 

「大人になりきれない人」の心理 (PHP文庫)

「大人になりきれない人」の心理 (PHP文庫)