「夜回り先生」水谷修さんに思うこと|私はあなたを信用できません。

ネットのエロ記事をだらだら巡回してたらこんな記事に出くわした。

headlines.yahoo.co.jp

 最近起こった幼児虐待事件について、夜回り先生こと水谷修氏(以下、敬称略)がコメントしている記事。

※「夜回り先生」ってのが分らない人は以下のWikiへどうぞ。

ja.wikipedia.org

 

『子供が子供を生む時代』ですか・・・まったく以って陳腐なワードの焼き増し*1だな。

こんな書き出しからも分るように、私はこの水谷修という人物が嫌いだ。

理由は「生理的に」としか言いようがないんだが、この人の文章やTVでのコメントを見ているとイライラやモヤモヤが自然と湧いて来るんだから仕方がない。

 

彼の陳腐でありきたりな表現に準(なぞら)えて言うと、

「キレイごとばかり言いやがって、イイカッコすんな!」

と言ったところだろうか。

なんともまあ子供じみた悪口だと我ながら恥ずかしくも思うが、これが本音だから仕方ない。

 

 

なんだろうなあ、私は彼のように「絶対的な正義」を謳う人々が嫌いなんだよ。

どっからどうみても正しくてケチのつけようがない。

何か文句でも言おうもんなら、言った方が100%悪者になってしまう。

そういう構図というか、強いポジションに堂々と居座ってるのが気に喰わない。

そう、「堂々と」ってのも虫が好かんところだね。

愛とか正義とかいった事柄を臆面もなく大看板に掲げるその無神経さが理解できんわけよ。*2

そういうのって最後の切り札というか伝家の宝刀というか、とにかく「ココ一番」って時にだけ使う核爆弾みたいなもんであってね、日頃からワイドショーや週刊誌やお手軽なネットニュース*3などで使っていいもんじゃないと思うんだ。

 

特に私が彼について思うのは・・・非常にデリケートな話題なんで言うかどうか迷ったんだが、彼って3年だか5年だか前に(もっと前だったかも知れない)「ガンで余命半年しかない」的なことを言ってませんでしたか?

それがこれこの通り元気にTVにネットに週刊誌に八面六臂*4の大活躍なわけですよ。

なんだかなあ・・・余命半年ってのはホントだったんかいな。

 

「じゃ、オマエは水谷先生に死ねっていうのかよ、あっ?」

みたいな輩が湧きそうだが、そうじゃないんだよ。

ガンが治って良かったってのは別の話であってね、人気がピークを過ぎて表舞台から消えかかった時に病気を起爆剤にしてエンジンを掛け直したろっていいたいわけ。

これって愛とか信頼とかを大看板に掲げてる人は、やっちゃいけない事なんじゃないのって思うんだよ。

ほら、例えばさ、白石麻衣が「実は裏で枕営業ヤリまくってました」って言っても別に何ともないけど、生駒ちゃんが「ヤッてましたですぅ~( ˘ ³˘)♥」ってなったら納得いかんじゃない!?

そういうことだよね。

まあ、こういうのは感覚の問題だからわかる人にはわかるけど、わからない人にはわからないんだよな~。

 尻切れトンボの不完全燃焼だが、ここらでオシマイにしておくかな。

これ以上つづけて完全燃焼しちゃうと水谷フリークから刺されそうで怖いからサ。

愛とか正義を前面に押し出して来る連中って、何しでかすかわからんからね。

 

ところで、下のCM知ってる人いますか?

昭和っ気の濃いかなり強烈なCMで、私はいまだに耳に残ってるんですが…

*1:「焼き回し」という人もいるが、厳密には「焼き増し」が正しい。

*2:こういった道徳や精神論は使い方を間違えると暴力になる危険性がある。

*3:この記事がエンタメカテゴリになってたのもお笑いだ。

*4:【はちめんろっぴ】ひとりで多方面にわたる、または何人分もの働きをしてのけること。