急に塾バイトに応募した経緯と私の中のドス黒い気持ち

今回、急に学習塾のバイト講師に応募した経緯について記しておきたい。

誰に言うのでもない、自分の気持ちの区切りと言うかケジメみたいな記事を書いておきたい気持ちになったから書くだけ。

今回の話はある種の人にとっては気分を害する内容なので、それは最初に謝っておきます。

申し訳ありません。

  

人間の心の底にある感情は得てして身も蓋もない極端なものであって、それ故に他人の嫌悪や共感を呼び起こしやすい。

この記事は私の飾りっ気のない本心をそのまんま出しているので激しく嫌悪する人が居る反面、強く共感してくれる人も居るのではないかと思う。

この記事はそういった(共感を覚えてくれる)人に向けてのメッセージととらえて頂きたい。

では、能書きが長くなったけど始めます。

 

底辺層はkz人間の集まりだ

7月に塾バイトをクビになって以来、約半年間実家でニート生活をして私だが、それでも日銭ぐらいはナントカしていた。*1

具体的には派遣のスポット(日雇い)案件などで。

一度だけその模様を記事にしたが、(今だから言うけれど)あの記事は本当のことなど何一つ書いていないウソ記事だった。 

elite7.hatenablog.com

 

いかにも「一生懸命働いてバイト代を稼ぎました」的な優等生文章を書いたが、アレは表面だけの絵空事であって現実の日雇いの現場なんてドロドロでグズグズのヘドロ沼みたいなもんだ。

だから他の日雇い現場に行った時の体験記事が書けなかった。

書いてしまうと際限なくダークな内容になってしまうから。

知ってる人は知ってるだろうけど、いい歳して日雇いをやってる人間なんて皆kzなんだよ。

 

重要なことなので、もう一度言います。

日雇いバイトなんてやってる人間はkzです。

・・・もちろん私も含めて。

 

日雇い連中のクズっぷり

例えばの話、アナタに借金があったら稼いだ収入の全部とは言わないまでも、出来得る範囲で借金返済に充てるのではないだろうか。

それが当り前の人間だろう。

 

だが、「奴ら」は違うんだな。

奴ら日雇いのkz連中はせっかく稼いだ日当6千円を、先ずは缶ビールやイカの酢漬けやピリ辛枝豆、そして毎日吸うタバコ2箱で2千円ほど使う。

残りの金はパチンコ*2や安い風俗などで使い、家に帰る頃にはまた(前日と同じく)文無しになっている。

で、金が足りなくなるとクレカやサラ金から借金を追加してやり過ごす日々。

 

親・兄弟からも見放されて、友達も居ない。

一見友達のように見える集まりは同類のkzたちだ。

そのkz同士が集まって何をしているのか?

 

これがビックリ!

日本の政治や経済、世界情勢から始まって、果ては人間の生き方といった形而上談義と来たもんだ。

大学教授顔負けの哲学思想、孫正義ばりのワールドワイドでグローバルな経済談義etc

そんな高次・高尚な話を日雇い労働者たちが我が物顔でくっちゃべっている。 

クレサラ*3の借金返済に追われて日々の生活さえもままならないkzどもが、だ。

 

かと思えば、別の集まりでは貸し借りの金を返す・返さないとかで怒鳴り合ってる。

その額たるや、500円。

 

・・・心底吐き気がした。

この手のことを挙げて行けばキリがない。

イメージとしては「あしたのジョー」に出てくる山谷のドヤ街といったところか。

 

人の振り見て我が振り直せ|どんな人でも人生の(反面)教師と心得よ

そんな根っから腐った連中と一緒に日雇い仕事をしていた私だが、最初の頃こそ嫌悪感でいっぱいだったが、いつの頃からか別の感情が湧いてくる事に気がついた。

それは安堵だ。

自分と同じ人種がココに居るという安心感、まるで我が家へ帰ったかのようなアットホームな感じ。

 

中学生・高校生相手に「人生とは~、社会とは~」などと知りもしないのに知ったような顔で偉そうな講釈を垂れていた私と大して変わらんじゃないか。*4

たいした能力もないくせにプライドだけは一丁前の勘違い野郎。

気のある女に告白一つできない根性無し。*5

そんな情けない私に彼ら日雇いたちを批判する資格なんてない。

同類なんだよ、同類。同じ穴のム・ジ・ナ。

 

にもかかわらず、私の心の奥底には彼らに対するドス黒い気持ちが渦巻いていた。

あんなkzどもと同じになりたくない!

あんな奴らに安堵を感じた自分が許せない!

 

目くそ鼻くそだってことは分ってる。

分ってるんだが、自分の中のそういう気持ちを抑えることが出来ない。*6

このままじゃ自分もダメになってしまう。「朱に交われば赤くなる」の故事のように、私も奴らと同じになってしまう。

あそこまで堕ちてしまったらもう二度と再起はできない。でも今なら、今ならまだ何とかなるんじゃないか。

そう思うと居ても立ってもいられなくなり、とにかく片っ端から求人広告を探して今回の運びとなった。

 

ちょっと興奮気味で長文になってしまった。

尻切れだが、ここらでやめておく。

ま、こんなkz野郎だということです。

f:id:elite7:20181005000249j:plain

*1:ガソリン代やマックや来来亭などでの飲食代、それとエロDVDのレンタル代etc

*2:それでも1円パチンコや5円スロならまだ分るが、奴らは平気で4円パチや20円スロのコーナーに行く。曰く「レートが安いとアツくねぇんだよ」とかほざきながら。

*3:クレジットカードとサラ金の意。

*4:常々思ってたんだが、塾や学校の先生って社会で働いた経験なんてないのに何であんなに偉そうなのかな?大学を卒業しても社会に出ず、再び中学や高校に舞い戻ってるだけだと思うんだけど。「先生」って肩書きが付くだけで急に偉くなるのっておかしいよ。

*5:高校時代の初恋はもちろん、大学時代も社会人時代も自分から告白したことは無い。気になる子はいたんだがフラれるのが怖くて声さえ掛けられなかった。いまだにシロート童貞の所以である。

*6:同族嫌悪・近親憎悪とかいうやつですね。「底辺を叩くのは底辺」というけど、まさしくそれ。