漫画・アニメ・TV・映画

『謎の彼女X』にハマって、全話朝まで観てました。

ネットで見つけた記事作成バイトの原稿書きに疲れたから、息抜きに適当なアニメを観はじめたんだけど、それがドンピシャ好みでついつい朝まで観てしまった。 『謎の彼女X』

TVドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則(旧ちょうどいいブスのススメ)」の初回放送を観た感想は、生理的にマジムリ学園だった

今しがたTVドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則(旧ちょうどいいブスのススメ)」の初回放送を観た。 去年(2018年)からアレコレ騒動があってタイトルが変更になったこのドラマ、TVでリアルタイムだったら観てないけどGyao!に動画が上がってたんで観たよ。*1…

「翔んだカップル by 柳沢きみお」のドロドロ陰惨な後半部分を改めて読んでみたい

「柳沢きみお」という漫画家をご存知だろうか? 主に1970年代後半から1980年代の少年誌で活躍していた人で、「翔んだカップル」の作者だ。*1 といっても、知らない人の方が多いんじゃないかな。 でも「特命係長 只野仁」の作者といえば分るんじゃないだろう…

スーパー美少女「元祖 岡田奈々」と昭和のエンタメノスタルジー

「岡田奈々」といえば頭に浮かぶのはAKB48の岡田奈々だと思う。 でも、今回取り上げるのは別の岡田奈々。 AKBの岡田奈々をggったら検索結果に混合して出て来るので知ってる人も多いと思うけど、主に1970年代から1980年代にかけて活躍した女優さんだ。 「岡田…

【仮面の告白】わたしのヰタ・セクスアリス

人には言えない、言うまいと心に決めたいくつかの記憶の断片。それらを1つ1つ取り出して自分の歩んできた人生を振り返ってみたい。森鴎外先生へ捧ぐレクイエム

【鮎川まどか・三日月夜空・那由子】私の二次元の女神たちBEST3

生身の女性とは口も利けない私にとって漫画やアニメのヒロインが唯一の青春だった。鮎川まどか・三日月夜空・那由子が私の二次元の女神BEST3である。

押見修造『惡の華』に出てくる春日と仲村は私自身だ

ここ最近、精神がダウナー傾向だ。 鬱病の谷底期間なんだろう。 ただただ、心身ともに重くて気怠い。 健康な人にはわからないだろうから説明しておく。 鬱病ってのは大きく分けて3つの時期があるんだ。

「School Days(スクールデイズ)」っていうエログロアニメ

エログロアニメの金字塔『School Days(スクールデイズ)』 School Days(スクールデイズ)-Wikipedia 久しぶりに観たが、よかった。

『はがない(僕は友達が少ない)』というアニメは『きまぐれオレンジロード』の後継作品と認定して良い

かなり前に『僕は友達が少ない』というアニメが流行った。 『きまぐれオレンジロード』をさらにパワーアップさせた感じの学園ハーレムもの。 絵柄が自分好みで私のお気に入りの一つだ。

【魔法少女まどかマギカ】の思い出|暁美ほむらと巴マミが私の推し2トップ

想い出のアニメ【魔法少女まどかマギカ】 もうずいぶん昔になるが、劇場版は映画館まで観に行ったアニメだ。 当時、資格試験に疲れて心身ともにおかしくなっていた時期だった私にとってオアシスのような作品。 たまにFC2などでやっているのを観ると涙が出て…

『迷走王ボーダー|原作:狩撫麻礼』に学んだ大学時代。大学はサラリーマンになるための就職予備校にすぎぬ

中学や高校と違って大学はリベラルな場所だと思っていたが、それは大間違いだった。 高校生までは教師たちが生徒を管理していたのが、大学になったら教師の締め付けがなくなる代わりに、世間のルールとかいうわけのわからないものが取って代わるだけだ。

私の初恋は『きまぐれオレンジロード』という漫画のヒロイン鮎川まどか

『きまぐれオレンジロード』という漫画があった。 1980年代に流行ったラブコメ漫画の代表だ。 連載は少年ジャンプ、作者はまつもと泉。 私にとっては生涯の宝物といってもいい作品だ。