大学受験

2浪が決まった春に偶然バッタリ再会した中学時代のバカは一流大学生になっていた

今でも忘れられないことがある。 1浪の末に受験した大学がことごとく不合格で2浪が確定し、傷心で繁華街をぶらついていた時のことだ。 とある本屋で大学受験参考書コーナーにいた時、不意に後ろから声をかけられた。 「襟人(実際には私の名字を呼ばれた)じ…