はてなブログの思い出

今月からワードプレスで新サイトを始めたんで、コチラはサブブログみたくなって更新する気が無くなってしまった。

twinside.xyz

 

コレはっていう記事ネタが見つかったら、やはり向こうの新サイトに書いてしまってコチラでは書くことが無くなっちゃうんだよ。

当初はどちらも並行してやって行くつもりだったけど、なかなか思うようにはいかないねえ。

続きを読む

ワードプレスに引越しします。

前回の記事末でも書いたんだけど、ワードプレスで新サイトを作りました。

twinside.xyz

 

といっても、ここの「はてなブログ」の記事を上の新サイトに移すのではなく、こちらはこちらで残しておいてあちらはあちらで記事を更新して行く予定です。

諸事情で数ヶ月は両方並行して更新しつつ、徐々に新サイトに軸足を移していく予定なんでヨロシクです。

続きを読む

人と関わらない生き方をするための仕事や生活スタイルを考える

最近よく考えてるのは、人と関わらない生き方について。

去年の今ごろに勤めていた職場をクビになって約一年間無職ニートをやって来てわかったのは、自分が人間嫌いだってこと。

ま、本当のところは対人恐怖症じゃないかって説もあるんだけど。

この一年間、部屋の中で引きこもりニート生活をやって来ても寂しいとか人恋しいと思ったことはほとんどほとんどない。

それどころか自由気ままで楽しかったよ。

続きを読む

サイト運営の方針を再考する~もうやんなっちゃったよの巻

f:id:elite7:20190607234535j:plain

上のスクショ、一応説明しておくと、Moz(モズ)っていうアメリカのSEO会社がやってるドメインチェッカーの数値です。

PA【Page Authority ページ・オーソリティ】が個別記事の強さを、DA【Domain Authority ドメイン・オーソリティ】がサイト全体の(ドメインの)強さを表してる。

この手のツールは有料・無料あわせてかなり出回ってるんで各自好きなものを使えば良いんだけど、私は貧乏なんで無料のコレとUbersuggestを使ってる。

ホント言えばGoogleのドメインランクの数値が1番良いんだけど、今はもう無くなっちゃったからね。(Google内部ではSEOの指標として残ってるらしいけど)

続きを読む

引きこもりやニートになる原因は幼少時の歪な親子関係によって形成された「他人や世間はすべて敵」という心理

最近立て続けに起こった「引きこもり事件」に触発されて記事を数本書いたが、自分自身があっち側の人間だからついつい引きこもり寄りの意見ばかり書いてきた。 

正直、自分でも偏った文章だなあと思う。

読み方によったら「引きニートのために普通の人は犠牲になっても仕方がない」みたいにも受け取れる。

ちょっとだけ反省したよ・・・。

続きを読む

男にフラれるのは女にフラれるより数十倍堪える

最近トンとロクなことがない。

実は数少ない友達の加藤とちょっとした事で気まずくなった。

加藤ってのは以前勤めてた職場の同僚で、今は自分で小さな学習塾を開いてる同年代の親友(と私は思っていた)だ。

続きを読む

宅間守と性格が似ているとわかって驚くと同時に納得もした私

川崎市の事件な、アレ、私の未来の一つだわ。

他人事とは思えないどころか、このまま行けば高確率で(私の人生も)ああいった結末になると思う。

だって今の時点で「準・無敵の人」状態だからね。

今のところは辛うじて親が健在で実家で生活できるからいいけど、親が亡くなって生活が行き詰ったら完全に無敵の人にステップ・アップだろう。

もう失うもんなんて無いよ、何も。

続きを読む

noteは使い勝手が悪い

ちょっと思う所があってnoteというプラットフォームにアカウントを開設してみた。

とりあえず使ってみたんだが、普通のブログサービスに比べて使い勝手が悪かったよ。

主にアフィリエイターたちがSEOノウハウを有料で売るために使っているらしいが、正直言ってnoteを有料で売る課金システムを除けば使い物にはならない。

なので、せっかく作ったアカウントだけど消そうかなと思ってる。

続きを読む

幻の仲間由紀恵シリーズ後日談(後編)|タイムマシンがあったら過去に戻って丸山眞男をひっぱたくんじゃなく自分を張り倒したい

前回のつづきです。前編はコチラ 

elite7.hatenablog.com

 

実は仲間先生にお話があるんですが・・・」 そう彼女に切り出した私は、薄暗いトンネルの入り口で次のように詰め寄った。

「貴女は事務長と不倫関係にありますよね?」少し声が上ずりながらもストレートに言った。(相当ドキドキしていた)

そして「エッ!?」と一瞬たじろいだ彼女に間髪入れず畳み掛けた。 

「10代の子供たちを預かる先生という立場で、職場の妻子ある上司と不倫関係って・・・如何なもんでしょうね?」

道徳や規範意識を持ち出して相手を詰めていくイヤラシさ。自分でも虫唾が走る。

続きを読む

幻の仲間由紀恵シリーズ後日談(前編)|最低な自分がとった最低な行動と最低な結末

私も自分のことは大抵包み隠さず話してるつもりなんだけど、中にはやはり表に出せなかった話もある。

面白おかしくまとめたつもりの「仲間由紀恵シリーズ」なんだけど、アレには後日談があって本来ならその話も追加すべきだったんだが・・・出来なかった。

というのも、その後日談はどっからどう考えても全然笑い所のない胸糞な話で、正直言って私のkzっぷりが露わになっただけの話だから。

続きを読む